安全で快適なバス旅へ、ようこそ。

TEL.0280-62-5539
FAX 0280-23-5380
info@fuji-jidousha.com

富士自動車は貸切バス事業者安全性評価認定証を取得しています

貸切バス事業者安全性評価認定制度の目的

貸切バスは、観光バスとしてのサービスのほか、団体輸送、イベント輸送等様々なニーズに対応する輸送サービスとして国民に広く利用されており、良質なサービスの提供が今後とも期待されています。
しかし、利用者や旅行会社にとっては、利用しようとする個々の貸切バス事業者が安全性の確保のための取り組みを適切に行っているか否かを判断することは難しいことから、安全性が十分に考慮されないまま利用する事業者が選択される場合があります。
貸切バス事業者安全性評価認定制度は、日本バス協会において、貸切バス事業者からの申請に基づき安全性や安全の確保に向けた取組状況について評価認定を行い、これを公表するもので、平成23年度から運用を開始しました。
これにより、利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするとともに、本制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上や取り組みの促進を図り、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与することを目的としています。
※公益社団法人日本バス協会HPより

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

安全の基本方針

1. 法令・規定を遵守し、安全最優先で職務を遂行いたします。
2. 運輸安全マネジメントを継続して推進いたします。
3. 輸送の安全に対する投資を積極的に実践いたします。
4. 健康管理の取り組みを推進いたします。
5. 輸送の安全に関する情報を積極的に公開いたします。

私たちは、安全で快適な旅をお客さまに提供できることが、社員の最大の喜びであることを自覚し、そのために必要なあらゆることにチャレンジしてまいります。現場の安全にかかわる要望に真摯に向き合い、高いレベルで安全のための投資を行い、さらに安全に対する意識の高い乗務員を育成するために、質を重んじた教育を日常的におこなうことをお約束いたします。
私たちは日本の観光サービス業を支えるメンバーとしての自覚を持ち、その最大の使命が「安全運行」であることを強く、強く認識し、事故ゼロ社会の実現を当社の命題といたします。

無事故三原則の遵守

<無事故三原則>
1.無理をしない 2.防衛運転の徹底 3.譲りあいの精神

輸送の安全に係る施策

1 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守すること。
2 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
3 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じること。
4 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
5 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施すること。

安全目標および当該目標の達成状況


 

平成29年度安全目標

平成28年度達成状況

人身事故

0件

目標:0件 結果:0件達成

物損事故

0件

目標:0件 結果:2件未達成

 車内事故

0件

 目標:0件 結果:0件達成 

 車両故障

 0件 

目標:0件 結果:0件達成

平成29年度安全投資目標

ドライブレコーダーを本年度9月までに全車に配備します。
アルコールチェッカー又はデジタルタコメーターに投資をします。
運行管理者を1名増員します。
全乗務員の運転記録証明書を年に一度取得します。
外部講師を招いて、健康関連のセミナーを開催します。
運輸安全マネジメントシステムを有効に回すために中間監査を秋に行います。

運輸安全マネジメントに関する当社規則および資料

ページの先頭へ